20代サラリーマンの個人資産戦略と投資について

今回の記事は、現在私が行なっている投資・資産運用についてです。

投資を始めたきっかけ

お金について真面目に考え始めたのは26歳の時。それまでは「入った分使う」方式で貯金もあまりできないという状況でした。26歳、社会人4年目時点での貯金額は100万円もなかったと思う。

結婚を機に心を入れ替えて、ちゃんとお金に向き合ったところ、

  1. お金に関する書籍を片っ端から読む
  2. 証券口座を開設して少額からとりあえず投資を始める
  3. 仮想通貨バブルに乗って資産大幅増加(マグレ)

この3ステップで運良くアッパーマス層の仲間入りできました。今はあまりリスクをかけずにコツコツ運用中。

資産ピラミッド

出展:野村総合研究所レポート

ちなみに育った環境では「貯金しなさい」ぐらいしか言われませんでした。

現在の投資・資産状況

次のグラフは、2018年9月末時点の保有資産の比率です。

投資の状況
※普通預金、定期預金は除く

そして、この投資のお金は完全に生活費とは切り離して運用しています。最悪ゼロになっても普段の生活は大丈夫(でももしそうなったらメンタル的にやばい)。

理想を言えばもっと毎月の給与所得から投資口座に入金したいけど、今の給与だとちょっと厳しい。。

日本株式

4銘柄程の長期保有。配当利回り高めの大型株と優待目的の銘柄ですが、優待銘柄の方がパフォーマンス高いです。。

社員預金

毎月5万円ずつ給与天引きで入金。上限300万まで。そこそこの金利。

社員預金のメリットは、「給与天引きの強制積立」と「普通預金よりもはるかに高い利率」の2点。

社員預金制度がある会社に所属しているのであればぜひ利用したいところ。新入社員の時は結構きついですが、後々効いてくるはず。

社員預金のデメリットは強いて言うなら、預けた預金は会社が運転資金に使える点。なので、会社がヤバそうだったり、転職したりする時は早めに解約します。

投資信託

NISA枠で買ってます。本当はもうちょっと定期的に入金したいところ。楽天ポイントで買えるってやつが最近気になってます。

積立保険

5年積立5年保有、10年後受け取りの元本保証積立保険商品。妻と一緒に加入(させられた)。

海外ETF

米国株インデックスをオマケ程度に保有中。

仮想通貨

XRPをなんとなく保有中。ビットコインは2017年はじめに購入し、130万ぐらいの時に全て利確済み(ちょっとタイミング早かった・・・)。

ゴールについて

55歳でのアーリーリタイアを目指しています。具体的な資産金額は3億円ぐらい?最初のピラミッドで言うところの富裕層に入りたい。

それまでは給与所得で生活しつつ、投資で資産を増やすサイクルを回していきます。まだまだ株について勉強しなきゃいけないし、不動産投資にも興味があるので先は長い。。

投資についてのインプットもこのブログで随時整理していきたいと思っています。

リタイア後は妻と色んなところに旅行したり色んなジャズライブに行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です