ロサンゼルスで有料道路を通ってしまった時の対処法

前回の記事で、ロサンゼルスで有料道路をうっかり通ってしまった時からの学びについて書きました。

今回は学びの部分ではなく、実際にどうすれば良いのかを記録したいと思います。

出口でピカッと光っても大丈夫!落ち着いてすぐに対処しましょう!

※この記事内の情報は2018年11月27日時点での情報です

The Toll Roadsについて

ロサンゼルスの高速道路は基本的にフリーですが一部有料道路があり、Toll Roadと呼ばれる道になっています。

どうやら73, 133, 241, 261番道路が有料のようで、前回の出張では241と261をうっかり通過したみたい。

Desert Hills Premium OutletからAnaheimに戻る時なんかは特に通りがちだと思います。

(エンゼルスの試合を見るorディズニーワールドに行くためにアナハイムに宿泊し、別日にデザートヒルズアウトレットまで車で行く、なんて日本人には理想的なプラン)

Toll Roadの支払い方法

WEBサイトにアクセスし、PAY TOLL NOWをクリック。

Toll Road top

そして以下の情報を入力。

  1. ナンバープレートの数字
  2. ナンバープレートの数字をもう一度
  3. ナンバープレート記載の州を選択
  4. 国を選択(普通アメリカ&カナダ)
  5. 車両のタイプを選択(レンタカーはCar, Motor cycle~でOK)

Toll input

以前はなかった画面で、今は期間を入力すると自動で計算するよ、という支払い方法を選べるようです。

いずれにしろレンタカーの場合は期間を入力するので、どっちでも構いません。

calculate toll

そしてクレジットカードを登録します。日本のクレジットカードでも大丈夫。

CountryをInternationalに選択すればState(州)の欄は消えます。

Credit

クレジットカードの情報を保持する期間を選択する必要がありますが、レンタカーの場合は30日以内の方にチェックでOK。ただ、どっちでも問題なさそう。

keep information

そして入力内容を確認して次に進むと、レンタカーの場合はこんなポップアップ画面が表示されると思います。

pop

中身は5日前以前にToll Roadを通ってしまった場合はレンタカー会社から請求が行くよ、という内容です。

もちろんOKを押して、確認ナンバーが表示されます。この後すぐメールでも通知されます。

まとめ

間違えて有料道路を通ってしまっても、慌てずにWEBで登録すれば何も問題ありません。

一番ダメなのは諦めてそのままにしておくこと!

以下関連リンクです。

※この記事内の情報は2018年11月27日時点での情報です

それではまた。

One Reply to “ロサンゼルスで有料道路を通ってしまった時の対処法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です