realestate

20代サラリーマン、アパート1棟買ってみました。

どこかで見たことあるようなタイトル。。

というわけで、今日は20代で不動産投資をスタートしたという記録を残したいと思います。

  1. 投資物件について
  2. なぜ不動産投資を始めようと思ったのか
  3. 買うまでのプロセス

 

不動産投資物件について

今回購入した物件はこんな感じ。

  • 立地:地方都市駅近(利用者約1万人/日)
  • 物件:築15年木造アパート
  • 購入価格:5000万円
  • 満室想定利回り:約10%
  • 借入金額:4300万円
  • 借入金利:約1.2%

外壁修繕済み、満室での引き渡しでした。

おそらくですが、保有資産が多かったので借入審査もスムーズに進みました。金利もかなり低いと思います。

なぜ不動産投資を始めようと思ったのか

自分の資産ポートフォリオを考えるにあたって、比率の高かった現金を、不労所得が得られる不動産に置き換えたかったのがきっかけです。

なので当初はできるだけ現金で取得しようと考えていたけど、結局は80%ほどを借り入れすることに。

今回使わなかった現金については、物件運用の流れをつかんだ後にでも次のを購入する見せ金or頭金に使う予定。

ちなみに、不動産投資を始めるにあたって、色んな本やブログから情報収集しましたが、収益計算についてはこの本の考え方を一番参考にしています。

Excelでできる 不動産投資「収益計算」のすべて

何よりも、付属の収益計算表がダウンロードできるのは非常にありがたかったです。これをベースにオリジナルな計算表を作成しました。

買うまでのプロセス

正直、初めての不動産投資で初めての手続きばかりでとても刺激的でした。

仲介業者の方のサポートもあり、借り入れも契約も比較的スムーズに済んだと思います。

物件選定については、一定以上の人口規模の都市で、駅利用者数を見ながらそこから徒歩10分以内を条件にウォッチしていました。

物件規模や利回りの前に、需要がありそうなエリアから絞るイメージ。

その中で、気になった物件について問い合わせをし、現地まで確認に行き、買い付けという流れ。

初めてなので、相場もわからなければ、どれぐらい値引き交渉ができるのかもわからないため手探りでしたが、今のところ結果満足しています。

 

というわけで、大家さんになりました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です